カロチノイドとサプリメント【カボチャ・ニンジン・トマト等に含む】

カロチノイドとサプリメント【リコピンやβカロチンが含んでいる。】

リコピンやβカロチンなど、体にいい栄養素をバランス良く配合したカロチノイドサプリメントは、今、多くの人が愛用しているようです。

tomato001

の利用率は
年々増加しつつあり、
サプリメントを活用している人も
少なくありません。

 

カロチノイドサプリメントを使っている
という人もいます。

 

カボチャやニンジンは、
βカロチンをたっぷり含む野菜として
知られています。

 

一般的に、色の濃い野菜
体にいいと言われています。

 

ニンジンがオレンジ色をしているのは、
βカロチン自体がオレンジ色なためです。

 

トマトの赤い色素はリコピンの影響で、
リコピンもβカロチンも
カロチノイドという栄養素の仲間です。

 

とは、
数種類の似通った栄養素の呼び名です。

 

細かく分けると、
βカロチンやリコピンなど
野菜に多く含まれるカロチン類
ルテインなど動物性の食品に多い
キサントフィル類に分けられます。

 

カロチノイドに分類される栄養素は、
400種以上にものぼります。

 

この頃は、カロチノイドの
サプリメントといっても、
ルテイン系サプリメントや
カロチン系サプリメントなど、
商品にも複数の種類が存在しています。

 

を丈夫にしたり、
紫外線により肌の影響を軽減する栄養素が
カロチノイドだといいます。

 

食事や他のサプリメントと
組み合わせて使うことで、
吸収力を高めることができます。

 

普段からほとんど野菜を食べないという人や、
健康維持に必要な栄養が不足気味という人には
カロチノイドサプリメントがおすすめです。

 

カロチノイドの効果とサプリメント【日焼けやシミから肌を守る効果】

 

緑黄色野菜に多く含まれ
体にいい成分として
高く評価されているカロチノイドは、
野菜ジュースやサプリメント
配合されています。

 

カロチノイドには
紫外線による日焼けやシミから
肌を守る効果が期待されているだけでなく、
目を良くする栄養素とも言われています。

 

サプリメントなどを使って
積極的にカロチノイドを摂っている人も
多いようです。

 

体を酸化から守る栄養素であることも、
カロチノイドの人気の秘密です。

 

血管がもろくなり、
動脈硬化を起こしやすい人が
症状緩和に用いたり、
抗老化作用を期待している
という方もいます。

 

年配者の間で、
カロチノイドサプリメントを
利用する人が増えています。

 

カロチノイドの中でも、
βカロチンより抗酸化力が10倍も高い
αカロチンが、近年注目されています。

 

ガンの進行を緩和する成分としても
その効果を調べられているようです。

 

カロチノイドの種類は幅広く、
ひじきやわかめなど海草にも
カロチノイドは存在しています。

 

フコキサンチンというこの成分も
ガンにいいとされています。

 

カニや鮭からも
カロチノイドは摂取可能です。

 

さまざまなカロチノイドがありますが、
緑黄色野菜に特に多いと言われています。

 

油に溶けやすい性質があるので、
料理の際には炒めたり、
揚げたりするのが一番です。

 

ただし、油を用いる料理は
どうしても高カロリー食になりがちです。

 

気になる方はサプリメントで
カロチノイドを摂取してみてもいいでしょう。

 

カロチノイドサプリメント【レチノールの取り過ぎは副作用が発症?】

 

サプリメントでカロチノイド
取り入れることで、
ガンの予防活性酸素の減少
目指すという方がいます。

 

本来はいろいろな食材から
摂取できている栄養素なのですが、
ダイエットのために食事を減らしたり、
食事バランスが崩れている
という場合もあるようです。

 

不足気味な栄養素を補うために、
サプリメントを積極的に使う人もいます。

 

どのような点に留意しながら、
カロチノイドをサプリメントで摂取すれば良いのでしょうか?

 

カロチノイドには
いろいろな種類がありますが、
ビタミンAに似たβカロチンなどは
肝臓に蓄積されます。

 

βカロチンを摂取している自覚がなくても、
ビタミンAサプリメントを飲んでいれば、
そこにβカロチンがあるかも知れません。

 

カロチノイドサプリメントの使用で
許容量をオーバーする量を
取り入れてしまうかもしれません。

 

βカロチンを飲み過ぎた場合、
基本的には手足が黄色みを帯びるくらいで
特に健康問題は起きないとされています。

 

けれども、肝臓に負担がかかり、
働きが悪くなる場合もあるので
避けたいところです。

 

レチノールという成分は
カロチノイドの一種ですが、
ビタミンAに似た効果があります。

 

このレチノールを取りすぎると
副作用が発症することが
報告されています。

 

症状は頭の痛みや嘔吐感、
皮膚に出るブツブツなどです。

 

一度に飲む量をきちんと守り、
表示通りの扱いをしていれば
サプリメントは問題が起きにくいので
カロチノイドをしっかり摂取しましょう。

 

 

 

    おススメ記事

    このページでは“馬プラセンタ サプリメント 馬プラセンタサプリ徹底比較!ベスト3をメインに商品を紹介しています。それ以外に、馬プラセンタに関する、口コミ、効果、副作用、美容液、危険、ファイン、tp200、おすすめ、化粧品、100、ドリンク、原液、についての情報を掲載予定です。

    コメントを残す